ワイン通販のタカムラ プラス (TAKAMURA Plus)

ゴッセ(Gosset)フランス/シャンパーニュ

2014年8月。

400年の歴史を持つ、シャンパンの老舗ゴッセの醸造・栽培責任者、ジャン・ピエール・マレネ氏が来日、その哲学を語って下さいました。

30年以上もゴッセの要職に就きながら、『今回、初めてパスポートを取った。』というほど、シャンパーニュ地方からほとんど出た事が無く、
400年もの歴史を誇るゴッセ。スティル・ワインの時代から数えると、最古のシャンパン・メゾンとなる、由緒正しいメゾンです。



恥ずかしながら、漠然としたイメージで、ゴッセを長年飲む事が無かった自分を、悔いました…。

ゴッセいち押しの、グラン・レゼルヴはもちろん、より手の届きやすい、エクセレンス・ブリュット、そして、飲むと思わずハッとする、セレブリスまで、クラスごとに、

伝統に裏付けされた、ゆるぎない品質と洗練を、味わって下さい!

卓越した技術と、豊かな酸が調和するに必要な瓶熟期間を取っても、譲れないそのスタイル。(エクセレンス・ブリュットはマロラクティック発酵を行っています。)
細かな区画も、区画ごとに仕込み、アッサンブラージュによりその確固たるスタイルを守っています。

『アッサンブラージュの際は、他のスタッフに準備をしてもらい、品種こそ明かされるものの、適切な判断をするため、どの区画のものかは知らされません。ですが結果、やはり、それぞれの区画が、生かされるべき役割を果たすブレンドが仕上がります。
前任のシェフ・ド・カーヴのアッサンブラージュの時にも、沢山の事を吸収しようとただひたすら試飲し、記憶と思考を繰り返しました。
私がシェフ・ド・カーヴ(醸造長)に選ばれたのは、
味わいの記憶、再現力があると見込まれたようです。
もちろん、私はまだ現役でいられますが、次の候補者として考えている人物も、共に働いています。
こうして、ゴッセのスタイルは守られているのです。』

長い信頼関係で結ばれる契約農家との仕事を大事にしている、ゴッセ。ジャン・ピエール氏は、契約農家との交流も深く、とある注目のRMの造り手が、その真摯な姿に敬意を表するコメントをしていたとか。
結果、シャンパンの味わいのカギとなる、良質のブドウを確保することが可能になります。
転職が珍しくない業界ながら、ゴッセには、長く勤める人が多いのだとか。その事が、ゴッセのゆるぎないスタイルの確立に一躍買っている事は、想像に難くありません。
シャトー・ラトゥールシャトー・マルゴーシャトー・ラフィット・ロートシルトシャトー・オー・ブリオン
シャトー・ムートン・ロートシルトアルマン・ルソークリュッグドンペリ

PRODUCER