ワイン通販のタカムラ プラス (TAKAMURA Plus)

シャトー ラグランジュ[2010](赤ワイン)[tp][J][S]

商品コード : 4997678427894
価格 : 10,800円(税込)
ポイント : 108
数量
 
ラグランジュの新たな魅力!


ボルドー第3級格付け、シャトー・ラグランジュ。

1983年に、あのサントリーによって、シャトーの再建がスタート、その30周年を祝い、『シャトーラグランジュ物語』という本が出版されました。

読みはじめたら、止まりませんでした…。

30年前に、ボルドーの地で、一旦朽ち果てたシャトーを、日本から送り出された鈴田氏が、どれだけの努力で未来につないできたか、そして、その彼の力になった同志の存在、ボルドーの人々との交流、更には、鈴田氏の後を継ぎ、現在、副社長としてラグランジュの今を担う、椎名氏のことなど、途中で読むのを止める事が出来ず、一気に読んでしまいました。

是非、ワイン好きの皆様にも、機会があれば読んで頂きたい一冊ですが、今回ご紹介するのは、本ではありません(笑)

ラグランジュの新たな魅力が伺える、2010年です!

メルローの栽培面積が多かったラグランジュが、そのポテンシャルを生かすため、カベルネの比率を増やす事を目指し、長い年月をかけ、徐々に植え替えを進めたのは聞いていましたが、中でも、2010年は、75%と、2000年に続き、85年以降でもっともカベルネの比率が高く、かなり力強い仕上がりとなっています。

そんなラグランジュ2010を、ご紹介します!

繋ぎ続けたその思いを、味わって下さい!!


■シャトー資料より抜粋■


2010年について

長期熟成の偉大なポテンシャルを秘めた正統なメドックスタイル

(3〜5月)記録的な冬の寒さで萌芽が遅れる。

(6〜8月)開花期も低温と雨でメルロの花振るいが発生したが、6月中旬よりの好天、特に素晴らしい7月と8月で一気に盛り返した。特徴は極度の乾燥(7、8月合わせて30mm程度)から果粒が小さく、しかも皮が厚いのでアントシアニン含量が傑出して高い事である。

(9月)温度はさほどではないが、好天が続き、糖度は9月20日で既にメルロが14度、カベルネが12.6〜13.4度と上がる。

(収穫時)9月29日にメルロを開始するも好天の継続が確認され、2日間で停止し10月7日に再開。その後も好天が継続し、カベルネは10月11〜20日の収穫で過去に例がないほどタニックな果実が得られる。


INFORMATION
NameChateau Lagrange
ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン75%/メルロー25%
生産者名シャトー・ラグランジュ
産地フランス/ボルドー/サンジュリアン
RegionFrance/Bordeaux/Saint Julien
内容量750ml
WA−/Issue −
WS92/Issue Mar 31, 2013


4582203078094
シャトー・ラトゥールシャトー・マルゴーシャトー・ラフィット・ロートシルトシャトー・オー・ブリオン
シャトー・ムートン・ロートシルトアルマン・ルソークリュッグ

PRODUCER